今年も、ウェルフェア×フェアトレードの「ずしチョコ」を販売開始しています。

 

無添加で季節限定の市販のフェアトレードチョコを、逗子のオリジナル包装として

障害のある方の思いのこもったイラストで包ん企画商品です。

 

発売は、12月8日(土)のイベント「ふれあいフェスinずし」の場でした。

ふれあいフェスinずし7

 

その後、15日(土)の「逗子フェアトレード・フォーラム」でもどんどん売れました。

 

イベント販売以外にも、

・市役所1階のカフェ「ともしびショップ青い鳥」、

・逗子海岸に面したカフェ「Fair Trade and Organics @MARE(アマーレ)」

逗子銀座商店街の食品店「カドヤ商店」

・逗子銀座通りの先にあるオーガニック食材店「陰陽洞」

にて販売しています。

 

ふれあいフェスinずし5

色鮮やかな原画からも描き手さんの想いが伝わってきます。モノを手にしながら作り手に思いをはせる

フェアトレードを身近なところから実感頂ければと思います。

 

以下は、イベントのオープニングの様子です。

ふれあいフェスinずし1

 

私たちは2Fの展示スペースで、販売ブースを設けました。

ふれあいフェスinずし6

 

包装に使わせてもらった作品8点の、原画を展示しました。

描き手さんも飛び入り広報してくださり大好評でした☆

ふれあいフェスinずし4

 

 

投票は予想を超える数が集まり、「ずしチョコ」となる絵8点が決まりました!!

ご協力ありがとうございました。

 

【発売情報】(11月5日追記)

“売は12月8日(土)ふれあいフェスinずしの際、交流センター2F展示スペースにて。

http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/syougai/fureai/

 

■隠卸遑隠菊(土)文化プラザさざなみホールで行う「フォーラム」会場でも販売します。

http://fttzushi.jugem.jp/?eid=213

 

フェアトレード(FT)チョコは無添加で溶けやすいため季節商品です。

そのFTチョコに、地域のオリジナル包装を施して、FT×地域活性化の相乗効果を

ねらった逗子チョコ企画。

 

次シーズンも障がいをもった方の絵を生かす「ずしチョコ」として展開するため、募集した作品を展示します。

ぜひお運びいただき、お気に入りの作品に投票してくださいね☆

 

日時:10月13ー14日(土日)

場所:逗子市市民交流センター1F展示コーナー

 

なお、東京新聞の9月12日の神奈川版に記事が載りましたので、

詳細はこちらでお願いします。

www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201809/CK2018091202000141.html

 

ちなみに、去年の作品展の様子はこちら。

http://fttzushi.jugem.jp/?eid=182

2月4日(日)のイベント「国際文化フォーラム in フェアトレーとタウン逗子」にて

発売を開始した「逗子チョコ」!

 

翌5日から市役所1階のカフェ「ともしびショップ青い鳥」(下のマップで)でも

販売をスタートしました☆

が、なんと一時間ですでに完売の味が出ており、至急追加をお届けに行くところです❣️

 

青い鳥の看板娘、絵も描いてくれたともちゃん&なっちゃんが販売して下さってるから?

各フレーバーが次々と完売です。(7日現在で追記)

 

Fair Trade and Organics @MARE(アマーレ)(マップぁ砲髪⇒枡供米鵜 法

スズキヤ逗子駅前店(同◆砲任眸稜笋靴討い泙垢、

在庫がなくなり次第、販売終了となります。皆さん、お早めにお求め下さい!

 

 

マップのウェブ版はこちら:

https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1IsH2XNb3zBBvPZ_9VjJJxwDzRSo&ll=35.29569387843135%2C139.57650909999995&z=15

今年もフェアトレード(FT)チョコのシーズンが始まっていますが、
逗子では今回、福祉(ウェルフェア)とフェアトレードを掛け合わせた
ウェルフェア・フェアトレードな「逗子チョコ」を企画しています。

 

市販のFTチョコに、地域の特色を出した包装紙をかぶせ

「まちチョコ」として販売を促進しようというこの企画。

たしかどこかの学生さんの発案で、各地のフェアトレードタウン運動に広まり

逗子でも3年前から取り入れています。

 

(2016年は「逗子ステキ発見フォトコンテスト」とのコラボでした=左)

  

(右=2014年版。http://fttzushi.jugem.jp/?eid=47

 

逗子がタウンになって一層の協働が実現しつつある今回は、市役所を通じて

市内の福祉施設から絵を募集し、障がいのある方が書いてくださった作品を元に

「逗子チョコ」を作る予定です。

 

そのために集まった作品30点が今週12月11日〜15日の間、

市役所庁舎内のホールで展示され、お気に入り5点への投票を呼び掛けています。

 

 

 

会場にお運びいただくお時間のない方には、

絵の一覧をPDFでお送りし、メール投票できるようにもしました。

もしこの記事を読んで関心を持たれた方がいれば、残り日数が少なくて恐縮ですが、

会までご連絡ください。fttzushi.event@gmail.com

 

なお、チョコは、2月4日(日)11:00〜16:00、逗子市民交流センターにて

開催予定の「国際文化フォーラムinフェアトレードタウン逗子」の場で販売するほか、

以降、市内店舗で販売予定。フォーラムでは、選ばれた作品の展示コーナーも設けます。

ぜひ、こちらにもお運びください☆

オリジナル商品カテゴリーでご紹介したままになっていた「逗子のみらいチョコ」。
実は、おかげさまで完売し、今回のプロジェクトは終了いたしました。

1月に、FTTZの総力を結集して逗子市と共催したイベント
「国際文化フォーラムin逗子」で、実は完売していたんです。
ご報告が遅くなり申し訳ありません。

この企画は、逗子市が市制60周年を記念して小学生から募集した絵が特徴なため
60周年が過ぎてまで続けられないと判断しました。
また、フェアトレードチョコは、添加物が入っていないために季節商品で、
卸元で完売になったことも、早々の販売終了の一因です。

とはいえ、逗子フェアトレードタウンの会として、
今後も新たな「まちチョコ」を企画したいとは考えています。

また、卒業記念、内祝いなどで配れるオリジナルラッピングの「マイチョコ」を
フェアトレードチョコで作ることもできますので、ぜひ相談くださいませ☆


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM